M500とは?

みなさんこんばんは\(⌒日⌒)/

今回は再び書く事が無くなってしまったので
僕の大好きなマグナムリボルバー「M500」について語りたいと
思います。
これですね。※画像のM500はガスガンです。
TKW-REV-M500-HW-BK_6_mark.png
まず、M500の開発目標は454カスール弾を超える弾丸を撃てる
拳銃だったそうです。
そこで完成した弾丸が「500S&W弾」というM500専用の50口径の弾丸です。
この弾丸の威力は44マグナムの約3倍の威力があると言われており
等間隔に並べられた松板を撃ったら、17枚を貫通し18枚目の板に傷を付ける
という結果がでたそうです。

よく動画などでも上がっていますが、M500でスイカを貫通できるかというと
貫通しません!
貫通する前に、
威力がありすぎてスイカが木っ端微塵に吹っ飛びます!

しかし、威力自体は実は44マグナムと殆ど変わらないという驚きの答えが出てしまっています。
何故か?
それは、500S&W弾の加速を十分に得るには銃身が短いからなんだそうです。
M500には通常の8インチとハンターモデルと言われる10.5インチの銃身をもつものが存在しますが
どれも、弾に十分な加速を得るには短すぎる上、弾丸が不安定な状態で発射されるため
威力が半減してしまうんだとか。
しかし、それでも反動は凄まじく
銃の先端のマズルブレーキは殆ど飾りのような状態になっている程だそうです。
反動をマイルドにするために、2キロという重量を持たせてはいるものの、
その強烈な反動は容赦なく打ち手を襲います!
そんなM500ですが、発売当初は注文が相次ぎ生産が追いつかなかった程の人気を獲得したそうです。

因みに同じ50口径銃といえば、言わずと知れた名銃「デザートイーグル」がありますね。
しかし、デザートイーグルの弾の威力はM500の半分しかないとか。
実戦用に扱いやすく作られた銃と、打ち手の保証など考えもせずに、ただただ威力のみを追求した
銃の違いなのでしょうか?
世界最強のハンドガンというと「フェイファー・ツェリスカ」が最強ですが、
この銃はフルオーダーメイドであり、デカ過ぎて重すぎる本体のせいで銃を何かに固定しないと
撃てないという短所があります。

それでは今回はこの辺で。
間違った事言ってても責めないでね。

ではサイナラ(ヾ(´・ω・`)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

青空太陽

Author:青空太陽
空色カザミドリへようこそ♪
暇つぶし的に自分のイラストや趣味の事を綴っていこうというブログです。画像の無断転載・二次配布はご遠慮下さいな。リンクフリーですのでご自由にどうぞ♪

カウンター
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログバナー

バナーです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR