ナナナの・・・

おはようございます。
つい最近、面白い遊戯王カードを発見
しましたのでご紹介します。
それがこちら

みてわかるとおり
テレビ東京のマスコット「ナナナ」のカードです。
となりには遊戯王ARC-Vの遊矢がいますね。

実はこのカード、テレビ東京と遊戯王が
コラボした記念に製造されたれっきとした
公式カードなんです!

最初見た時、どっかの誰かが作ったとんでもオリカだと思ってましたが
ちゃんとしたコナミ純正のカードです。

カードタイプは通常魔法で
特定のモンスターの攻撃力と守備力を700アップ
させる効果を持っています。

レアリティはノーマルだそうです。

攻守をパワーアップさせる効果ですが、それ以外は目立つ効果はなく
また通常魔法であるため、自分のターンでしか
発動できないので、実戦で使う人はかなり少ないそう。

実際、パワーアップのみが目的なら他にいくらでも
このカード以上のカードはありますからね(^^;)

しかし、非常に限られた期間しか手に入らなかったため
現在は高額で取り引きされているようです。

それでは、今日はこれにて
おすまい(゚∀゚)ノシ
スポンサーサイト

海外版

おはようございます。
つい先日、ようやく
アプリ版どうぶつの森の配信日が
決まりましたね!
ずっと待ってたんですよぉ(*≧∀≦*)

日本版は11月下旬に配信予定だそうです。
さて、そんなアプリ版どうぶつの森ポケットキャンプですが
僕は既にプレイしていたりします。

どうしてプレイ出来るのかというと
オーストラリアでは先行配信されており
そのオーストラリア版をプレイしてるわけ
なんですよ(゚∀゚)

そんなオーストラリア版どうぶつの森を
ちょっとだけご紹介しますね(*≧∀≦*)

*海外版なので日本版とは異なる部分があるかも
しれませんので、悪しからず。

まずはこちら

海外版なので当然、全ての言語は英語です。
(なんて書いてるのかわかんねぇ_(┐「ε:)_)
これはロード画面ですね。
初回ロード時のみ、画面下にバーが表示されます。

ゲームをスタートとすると、とたけけから
質問されるのですが英語なので読めませんでした!

回答も、適当にえらびますた。

それらが終わると、今度は大事なアバター作成です。

今までのどうぶつの森と違い、アプリ版では
自分の好きなように各パーツを、自由に選んで
作る事ができます。

今までは複数の質問に答えて、それに合わせて
ランダムで顔が出来上がっていたので
この使用は嬉しいですね(*≧∀≦*)

海外版では、目の色も自由に変更できました。

目だけではなく、肌の色も変更可能でした。
今までよりアバター作成の自由度が高いです!

ゲーム開始と同時にしずえさんから
舞台となるキャンプ場の雰囲気について
尋ねられました....のかな?

画面下の項目から選んで、好きなように
決める事ができます。

これがキャンプ場の基礎になる模様。

どうぶつと話しをしてるところです。
(名前は伏せさせて頂きました。特に理由はないけども…。)

どうぶつと話す事で、そのどうぶつとの
親密度?が上がります。

一定以上、親密度が上がると画面左上の
レベル数値が上がるようです。

また、どうぶつと話したり依頼を達成すると
ベルやアイテムが貰えます。

今回のどうぶつの森は、このように依頼や
話しをしてゲームを進めるようですね。

勿論、釣りや虫捕りも出来ます。
あとは、実際にプレイしてみて下さい。

僕の紹介した事以外にも出来る事がまだありますゆえ^ ^

それではこの辺で。
さよなら(゚∀゚)ノシ

大会プロモカード その2

こんにちは。
前回は遊戯王の大会の1位に配られたカードを
ご紹介しましたが、今日は大会入賞者に
配られたカードをご紹介しますね
( ^ω^ )

まずはこちらのカード。

GB版遊戯王全国大会の2位入賞者に
配られたカードでした。

大会の準優勝者と優勝者に配布され
本物は世界に2枚だけ存在します。
また、カオス・ソルジャー同様に
本物のゼラのカードはステンレスで
出来ており、モンスタータイプも
通常モンスターです。

レアリティとしてはウルトラレアとなります。
("ステンレスレア"と呼ばれる事もあります。)
本物のカオス・ソルジャーほど高額ではない
ものの、本物のゼラもかなりの
レアリティを誇っています!

価格帯はよくわかりません(^^;;
販売するお店によって上下するようです。

大会配布後はプレミアムパックにて
ゼラの「儀式モンスター版」が
レプリカカードとして一般販売されました。

こちらのカードでのレアリティは
ウルトラレアとスーパーレアそして
ミレニアムレアとノーマルが。
英語版ではシークレットレアが存在します。

遊戯王アニメではマリクに洗脳された
ギースが使用し、表遊戯を追い詰めましたね。

続いてのプロモカードはこちら。

ゼラと同じ大会の3位入賞者に
配られたカードです。

本物はゼラ同様、ステンレス製で
世界に3枚存在します。
優勝・準優勝・3位入賞者に配られました。

3位のカードとは言え、本物のこのカードは
非常に価値が高く、
300万円で売られてましたよ(^^;

その後、このカードもプレミアムパックで
レプリカカードが一般販売され、
通常モンスターから儀式モンスターに
使用変更されました。
レアリティもウルトラレアとスーパーレア
ミレニアムレアとノーマルが存在します。
また英語版も存在し、そちらはスーパーレア
となっています。

今回と前回とで、大会入賞者のプロモカードを
全てではありませんが、ご紹介しましたが
大会専用カードというのはやはりロマン溢れる
ものがありますねぇ(о´∀`о)

僕も1枚で良いからレプリカではなく、
本物を手に入れてみたいものです。

それではこの辺で。
おすまい(゚∀゚)ノシ

大会プロモカード

おはようございます( ^ω^ )
今日は、かつての遊戯王の大会で優勝者に配布されたカードを3つ
ご紹介します。

(ここで紹介するのは全てレプリカ使用のもので
本物ではございませんので悪しからず。)

まずはこのカード。

GB版遊戯王デュエルモンスターズの
全国大会にて優勝者にのみ
配布されたカードでした。

本物のカオス・ソルジャーは通常モンスターで
カードの材質が本来の紙ではなく
"ステンレス"で出来た、入賞プロモカードの中でも
かなり特別なカードでした。
本来はウルトラレアですが、その特殊性から
「ステンレスレア」と呼ばれる事もあるとか。

世界で1枚しか存在せず、現在は
10億円で販売されているそうです。

間違いなく遊戯王史上最高級のレアカードです。
ただし、カードの材質が違うため
公式デュエルでは使用できません(^^;

後に、プレミアムパック2にてウルトラレアの
儀式モンスターとして登場しました。
画像のカードがそれです。

材質はもちろん、普通の紙なので
こちらは公式デュエルで使用できます。

原作では、遊戯がデュエルリストキングダム編の
準決勝で召喚しましたね( ^ω^ )
あの起死回生の召喚シーンは、遊戯王ファンなら
必見ですぞ!

続いてはこのカード。

遊戯王デュエルモンスターズ全国大会の
優勝者にのみ配られたカードでした。

OCG大会優勝者とGB版遊戯王大会優勝者に
配布され、本物は世界に2枚しか存在しません。
レアリティはシークレットレアでした。

また、遊戯王において初めて
モンスターレベルが12に設定された
モンスターでしたね( ^ω^ )

その後、プレミアムパック3にてレプリカが
一般販売されました。
画像のカードは、そのプレミアムパック3に
収録されたものです。

この青眼の究極竜が一般流通した事で
ワンキルコンボ「デビフラ究極竜」が
誕生しました。

やり方は非常に簡単。
デビルフランケンの効果で究極竜を特殊召喚し
その後、究極竜に「巨大化」を装備させて
相手を殴るだけ。

当時はこれだけでワンキルが高確率で
達成できました。

原作ではデュエリストキングダム編にて
海馬が切り札として使用しましたね。

その後、何度も海馬の切り札として
登場するものの、召喚すると海馬が必ず
負けるので、海馬の負けフラグになってました
。・゜・(ノД`)・゜・。

最後はこのカードです。

遊戯王OCGワールドチャンピオンシップの
優勝者に配られたカードで
一般部門とジュニア部門の優勝者にのみ
配られたため
世界に2枚しか存在しないカードです。

また、青眼の白龍をモデルにしているためか
優勝者用プロモカードとしてはダントツに
高い人気を誇っているカードですね。

一枚は日本に。もう一枚は海外にあるそうです。
最初に配られたこのカードはウルトラレア
でしたが、後に他の公式大会にて
伝説の白き龍のスーパーレア版が配布された事も
ありましたね。

少し前にこのカードの"3枚目の本物"と言われる
ウルトラレアの伝説の白き龍のカードが
ヤフオクに出品されてましたね。

出品者曰く
「出品している白き龍のカードはコナミが
製造した"予備のカード"で、間違いなく本物!」
との事でしたね。

まず、予備のカードが表に出る事自体、普通では
ありえませんので僕は信じてませんでしたが(^^;

少し話が逸れましたが、
このカードはその後エクストラパックにて
"エクストラシークレットレア"
という新レアリティで一般販売されました。

しかし、その封入率は非常に低く

24カートンに1枚入っているか入っていないか

という確率でした!
僕は普通にパック買いせず、素直にシングルで
購入しました(^^;

それでもシングル価格は高く、安くても
3000円台の価格帯となってます。

このカードは優勝者用プロモカードにみられる
「マッチキル」効果を持っています。
この効果故に本来は公式デュエルでは
使用できません。

例外として「遊戯王の日」のみ、
使用可能だそうです。
それ以外で使用する場合は、相手の了解を
得てからデッキに入れましょう(^-^)

いかがでしたでしょうか?
また面白いカードがあったら、ご紹介しますね。
それでは

おすまい。

暗黒の神

こんばんは。
今回は原作遊戯王の連載終了後に
Vジャンプにて連載された遊戯王Rで登場した
「邪神獣」と呼ばれたカードを2枚ご紹介します。

邪神獣とは、原作遊戯王Rで初登場したもう一つの神のカードの事です。
原作では、幻神獣が暴走した時のために、それを抑止する神だったようです。

また、ペガサスがデザインしたものの創造を躊躇った神でもあるようです。
まずはこのカード。

遊戯王Rの物語のキーカード
神を超える神「邪神アバター」です。
原作では「THE DEVILS AVATAR」
という名前で登場した邪神獣です。

真っ黒な球体というインパクトの強いイラストが特徴的ですね( ^ω^ )
ラーの翼神竜と対になる神のようです。

OCGでの効果は、
「全フィールド上に存在する
モンスターの中で最も高い攻撃力を持つモンスターの攻撃力に「100」をプラスした数値が
アバターの攻撃力・守備力になる。」
というものです。

この能力のおかげで、常にフィールドでは最強の存在として君臨できます!
以前紹介した「クリアーバイスドラゴン」でさえもアバターには勝てません。

なんで?

と思う方にご説明しますと
まず、青眼の白龍の攻撃力をコピーし、
攻撃力が3100のアバターがいるとします。

そこにクリアーバイスでアバターに攻撃しました。
すると、クリアーバイスの攻撃力はアバターの
攻撃力3100の倍の数値6200になりますよね?

するとフィールドの最高攻撃力はクリアーバイスとなりますので
アバターは、今度はクリアーバイスの攻撃力をコピーし、
クリアーバイスの攻撃力6200に100ポイントプラスした数値6300がアバターの攻撃力になるからなんです。

当然これを更にクリアーバイスが上回り、クリアーバイスの攻撃力が12600になる!
ということはございません。

なぜなら、アバターの効果には「特殊裁定」なるものが設定されておりまして
アバターの効果解決後は対象モンスターの能力値が
再度変化しない限り、お互いに再計算しません。

この特殊ルールが設定されている以上、クリアーバイスがどんなに頑張っても
アバターの能力値を上回る事ができないんです。

たとえ、なにかしらの方法でクリアーバイスがパワーアップしても
アバターの効果が再度発動し、それを更に上回るので結局勝てない。
というわけです。

当然、これは他のモンスターにも言える事ですので気をつけましょう(^^;

こんな邪神アバターも原作とは効果が異なる部分があります。

それは、原作ではカード効果に耐性がありましたが、OCGでは当然ありません。
またOCGでは特殊召喚出来ませんが
原作では特殊召喚可能でした。

OCGではアドバンス召喚でしか場に出せず効果耐性も無いので、原作に比べ弱体化してますね(ーー;)

でもOCGではアバター召喚後、相手は2ターンの間、魔法・罠カードを発動出来ないという効果が追加されてます。
この効果は原作にはなかった効果ですので、
この辺は強化されました。

あと、原作でのアバターの能力値変化効果の能力値の上昇量が「1」と、
非常に僅かしか上がりませんが
OCGでは「100」に変更されてます。

続いてはこちら

神を抹殺する神
「邪神イレイザー」です。
ファンの間では「消しゴム型核爆弾」と呼ばれてるそうな(^^;
幻神獣である「オシリスの天空竜」と対になる邪神です。

OCGでは、邪神の中で一番扱いが難しいカードでもありますね。
何故なら
「このカードが破壊された時、フィールドの全てのカードを破壊する。」
という、とんでも効果を持っているためです!

「全破壊」とだけ聞くと強力に思えますが
実はこの効果、相手に「逆利用」される危険があります。

まず、この効果は強制効果なので
破壊され墓地に送られると絶対発動します!!
これを逆手に取られて、破壊効果を相手に発動され逆にピンチになる。
なんて事はよくあります。

OCGでは、破壊され墓地に送られないと発動しませんが
原作ではフィールドを離れただけで発動できたようです。

因みに、原作ではどうかはわかりませんが
OCGではイレイザー本人を自爆破壊させることができます。

また、イレイザーの能力値は原作・OCG共に
「相手フィールドのカードの枚数×1000」
となります。

このため、高い能力値を維持し辛く完全に相手頼みなので
原作では「人頼みな不甲斐ない神」「所詮はまがいもの」と言われてしまってました....。
(なんか可愛そう)
僕としてはデザインが非常に好みで大好きな神の一つなんですけどね(^^;

最後に三つ目の邪神
「邪神ドレッドルート」なんですが
僕は持っていないので、気になった方は調べてみてください( ^ω^ )

因みにドレッドルートは「オベリスクの巨神兵」と対になるカードです。

それではこの辺で。
またね( ^ω^ )ノシ




太陽の神の軌跡

おはようございます(*´꒳`*)
今日は前々回お話した
「アニメ・原作から効果が変更されたカード」を
1組ご紹介します。
それがこちら

はい、再び僕のブログに登場して頂きました
ラーの翼神竜です。
原作から効果変更されたカードの中でも
かなり有名なカードですね。

アニメ・原作で猛威を振るった能力が大幅に
弱体化してしまいました(´;Д;`)

まず、ラー召喚時に生贄(リリース)した
モンスターの能力値を吸収する効果は

効果自体が完全消滅しますた。

ライフを100にしてパワーアップする効果も
通常召喚時に発動する効果に変更され
しかも特殊召喚は不可能になってます。

このため、高い能力値を得ると、破壊効果が使用できず
逆に、破壊効果を優先すると今度は攻撃力・守備力が「0」の棒立ち状態に。

もう笑えないくらいの弱体化っぷりに
使えない神として君臨してました(´;Д;`)

しかし、このままではいけないと判断されたのか
後に登場したのが以下のサポートカードです。
こちらです。

ラーの翼神竜-球体形(スフィアモード)です。

原作では攻撃できず、プレイヤーの壁にもならないモンスターでしたが
OCG化に伴い、攻撃力は「0」
(攻撃力・守備力ともに「?」と表記されていますが、これは常時「0」であるということを指します。)
で、戦闘破壊されず、あらゆるカード効果の対象にも戦闘対象にもならなくなりました。

また、召喚に必要なリリースは自分だけでなく
相手のモンスターを指定できるようにもなっていますね。

ただし、相手モンスターをリリースした場合は
相手のフィールドに召喚されますので注意です!

この相手のモンスターをリリースして相手フィールドに召喚する。

という効果、一見すると意味がないように思えますがこれは裏を返せば
「相手モンスターを無条件で除去できる。」
事と同じで、地味ながら強力な効果になってます
( ̄▽ ̄)

また召喚コストとしてリリースするため
カード効果に対して完全耐性を持っている
「毒蛇神ヴェノミナーガ」すらも除去できます!

これらの事もあり、原作とはかけ離れた効果に
なってますが、本家ラーの翼神竜よりもシングル価格が高いです(ーー;)

そして最後がこちら

ラーの翼神竜の最終形態かつラーの本気!
「ラーの翼神竜-不死鳥(ゴッドフェニックス)」
です。

攻撃力・守備力が4000固定で、しかも

カード効果に対して完全耐性を持っています!

球体形もそうですが、アニメ・原作では
球体形・不死鳥ともに単体のカードとしては登場しておりません。
このためラーの翼神竜-球体形と不死鳥はOCGオリジナルカードとなります。

原作ではラーを通常召喚した場合に球体形の姿で
登場し、ラーのカードに書かれた
古代神官文字を解読する事で、本来のラーに姿を変えました。

また、不死鳥はラーの破壊効果を発動したときに
本来のラーが不死鳥に姿を変えて、相手モンスターを葬るという演出上で登場した神でした。

特殊召喚するには、不死鳥が墓地に存在する状態で
本家ラーを墓地に送る必要がありますが
ラーの破壊効果をラー自身に使い、自爆させれば
それだけで、超強化された状態で復活します!!

しかも回数制限のない単体除去効果も
持っていますので
効果で相手フィールドを一掃できれば
高確率で相手に強烈な一発をお見舞いできます!

単体除去とは言え、対象を選ばない除去で、しかも
破壊を介さず直接墓地に送る効果なので
かなり強力です!

この不死鳥は、比較的原作に沿った
効果になっており
ライフを1000ポイント払ってモンスター1体を除去する効果は原作どうりですね。

カード効果に対する耐性は寧ろ原作より強化されています。

原作では「魔法効果のみ1ターンだけ受け付ける」効果耐性で
魔法カードに対し僅かばかり隙がありましたが
OCG化に伴い、魔法効果も一切受け付けない
非常に強固な耐性に変更されてます。

加えて、原作では不死鳥として復活した場合の
不死鳥の能力値は「0」であったのに対し、
OCG版不死鳥の能力値は「4000」という巨大な数値を元から持っています。

これは海馬の持っていた神のカード
「オベリスクの巨神兵」と同じ数値となりますので、
能力値においても原作より強化されているのがわかりますね。

エンドフェイズに墓地に戻ってしまうものの、
直後に球体形となって復活するので
次の自分ターンに、球体形の効果で再び
ラーの翼神竜を条件無視で特殊召喚し、自爆できれば再度、不死鳥となって復活できます。
これら一連の流れを考えると、ラーもなかなかに
強化されたのではないでしょうか?

転んでも唯では起きなかったラーの翼神竜でした。
あ、因みにラーの翼神竜-球体形と不死鳥は
「光の創造神ホルアクティ」のリリースコストには
使えませんので参考までに。

それではこの辺で。
おすまい( ^ω^ )ノシ

新マシン

こんにちは(≧∀≦)
今日は、ようやく手に入れた
最新ミニ四駆のご紹介です!
それがこちら。

ハイパーダッシュ!四駆郎にて登場した
キャノンDボールです。
原作では
キャノン"デッド"ボール
という名前でしたが

「DEAD」の単語がまずかったのか
頭文字のみの表記に変わってますね(^^;)

また、ボディランナーはこんな感じでした。

「新キャノンボールのボディは分割される」
と、事前に調べてましたので
知っておりましたが

なるほど、フロントライトとリヤがボディと
切り離した感じなんですね。

さて、他のアングルからも撮影してみましたので
お楽しみ下さい(*´꒳`*)

マシンの台になってるのはノートPCどす。
次はフロントです。

フロントライトは銀色に自分で塗装する
必要があります。

僕ん家には塗装用の塗料が無いので
完全素組です。ゴメンちゃい(><)

リヤです。
初代キャノンボール同様に
4本マフラーが目を引きますネィ( ̄▽ ̄)

リヤのマフラー部分もフロントライト同様
自分で塗装する必要があります。

初代キャノンボールは、僕の好みではなかった
のですが
このキャノンDボールは僕の心に
どストライクでした!!

本家ザウルスマシンも大好きでしたが
武井版ザウルスマシンも、なかなかに
侮れませんなぁ...うふふ٩( 'ω' )و

それではこの辺で。
さいなら

簡単に勝てるけど

おはようございます(≧∀≦)
またまたまた、更新が大幅に遅れて
申し訳ありません。゚(゚´Д`゚)゚。

さて、今回も遊戯王カードについてなのですが
今回は「戦闘に滅法強い」カードを
ご紹介しますね(*´꒳`*)

こちらです。

アニメ遊戯王GXにて
藤原が使用したエースモンスター
クリアーバイスドラゴンです。

このモンスター実は結構面白い
モンスターなんですよね。
何故かと言うと

「どんなモンスターにも勝てるが
どんなモンスターにも負ける」

というカードなんです。
まず、このカードの攻撃力が「?」
と表示されていますが
これは攻撃力が「0」であるという事を
表しています。

そのため
どんなモンスターにも負ける訳なんですね。

しかしそれは
モンスターに攻撃された場合です。
逆にクリアーバイスの方がモンスターに
攻撃をした場合のクリアーバイスの攻撃力は
攻撃対象になったモンスターの攻撃力の
倍の数値に変化します。

この特性があるため結果的に
どんなモンスターにも勝てる
という事なんですね。

因みに、クリアーバイスの攻撃に合わせて
オネストを発動され、対象モンスターが
パワーアップしてクリアーバイスの攻撃力を
上回った場合、

クリアーバイスの攻撃力は
その攻撃力を更に上回る数値に変化するため
唐突な数値変化にも滅法強いです。

但し、クリアーバイスの攻撃数値は
ターン終了時に再び「0」に戻ってしまい、
アニメ版と違い
「攻撃後、守備表示になる」
効果も無いため返しのターンに
絶好のターゲットにされます。

因みに、アニメ版では
史上初、属性の無いモンスター
としても描かれましたね。

OCG化の前にゲームの方で先に登場した時も
「このカードは表側表示で存在する限り、
このカードの属性は闇てして扱わない。」
という前代未聞の効果がありました。

しかし、OCG化するにあたって
属性を無くす効果は、矛盾が生じるのか
普通の闇属性モンスターになりました(^^;)

原作・アニメ出身のカードって、よく効果が
変更されるんですよね。
変更しなくてもいいんじゃ?
と思うカードちらほらありますがそれは
また別の機会に(^^;)

それではこの辺で。
おすまい(*´꒳`*)
プロフィール

青空太陽

Author:青空太陽
空色カザミドリへようこそ♪
暇つぶし的に自分のイラストや趣味の事を綴っていこうというブログです。画像の無断転載・二次配布はご遠慮下さいな。リンクフリーですのでご自由にどうぞ♪

カウンター
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログバナー

バナーです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR