スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M500とは?

みなさんこんばんは\(⌒日⌒)/

今回は再び書く事が無くなってしまったので
僕の大好きなマグナムリボルバー「M500」について語りたいと
思います。
これですね。※画像のM500はガスガンです。
TKW-REV-M500-HW-BK_6_mark.png
まず、M500の開発目標は454カスール弾を超える弾丸を撃てる
拳銃だったそうです。
そこで完成した弾丸が「500S&W弾」というM500専用の50口径の弾丸です。
この弾丸の威力は44マグナムの約3倍の威力があると言われており
等間隔に並べられた松板を撃ったら、17枚を貫通し18枚目の板に傷を付ける
という結果がでたそうです。

よく動画などでも上がっていますが、M500でスイカを貫通できるかというと
貫通しません!
貫通する前に、
威力がありすぎてスイカが木っ端微塵に吹っ飛びます!

しかし、威力自体は実は44マグナムと殆ど変わらないという驚きの答えが出てしまっています。
何故か?
それは、500S&W弾の加速を十分に得るには銃身が短いからなんだそうです。
M500には通常の8インチとハンターモデルと言われる10.5インチの銃身をもつものが存在しますが
どれも、弾に十分な加速を得るには短すぎる上、弾丸が不安定な状態で発射されるため
威力が半減してしまうんだとか。
しかし、それでも反動は凄まじく
銃の先端のマズルブレーキは殆ど飾りのような状態になっている程だそうです。
反動をマイルドにするために、2キロという重量を持たせてはいるものの、
その強烈な反動は容赦なく打ち手を襲います!
そんなM500ですが、発売当初は注文が相次ぎ生産が追いつかなかった程の人気を獲得したそうです。

因みに同じ50口径銃といえば、言わずと知れた名銃「デザートイーグル」がありますね。
しかし、デザートイーグルの弾の威力はM500の半分しかないとか。
実戦用に扱いやすく作られた銃と、打ち手の保証など考えもせずに、ただただ威力のみを追求した
銃の違いなのでしょうか?
世界最強のハンドガンというと「フェイファー・ツェリスカ」が最強ですが、
この銃はフルオーダーメイドであり、デカ過ぎて重すぎる本体のせいで銃を何かに固定しないと
撃てないという短所があります。

それでは今回はこの辺で。
間違った事言ってても責めないでね。

ではサイナラ(ヾ(´・ω・`)

スポンサーサイト

らくがきとおまけ

皆さんこんにちは(」・ω・)

イラストって、描き始めると止まらないんですよね。
ネタがなくても無理矢理考えて目的のわからないものが出来上がって
しまうこともよくあります(ーー;)

今回はそんな勢いで描いたやつを1枚アップします。
これです。
img279.png
僕のオリジナルキャラ「ローズ」のラフ画です。
僕はペンタブが非常に苦手でして、下書きはアナログで行っております。
ローズは実はAA(アスキーアート)のネコを参考に作ったキャラなのです!
でもAAキャラではないので間違えないように。

さて、おまけは僕のお気に入りのマグナム「M500」のペガサスシステムについてです。
イラストでなくてごめんね(・∀・)
こちらですね。
TKW-REV-M500-HW-BK_4_mark.png
そこ!使い回しかよとか突っ込まない!
え~とですね、このペガサスシステムはとても面白い構造をしています。
本来のガスリボルバーは各カートリッジに弾を1発1発装填しますが、
このペガサスリボルバーは一つのチャンパーに前方から弾を複数装填する事ができ
その後、シリンダーを回すと自動的に各チャンパーに弾が送り込まれる構造になっています。
初めて見たときは驚いたというよりも、面白かったですねぇ。
リボルバー特有のアクションはできなくても、これは面白いです>ω<

また、実戦においてはカートリッジをいちいち取り出して装填するのはやはり面倒な動作であり
ペガサスのように、カートリッジの概念を無くして装弾数を上げた方が何かと効率が良いようです。
ぶっちゃけ、リボルバーを使っていても実戦だとカートリッジのあるないなんて
気にしなくなりますからね。

それではこの辺で。
さいならっきょ(古!



対戦車ロケットランチャー

皆さんこんばんは!

ガスガンの事を調べていたらこんなのを見つけました。
これです。
lq14bk-7.png
バイオでも登場した有名な武器
ロケットランチャーです!
ガスガンでもあるとは驚きでした(゚д゚)<OH!
しかし、ガスガンである以上
弾頭はダミーです。
発射も爆発もしません。
弾頭を取って、専用カートリッジにBB弾を込めてBB弾を
発射する構造になっているとのこと。
詳しくは分かりませんが、ショットガンのように1度に複数の弾を
発射可能らしいです。
ふむ、コレとM500・ショットガン・デザートイーグルを装備すれば
僕なりのバイオハザード5装備が完成しますなぁ( ̄∀ ̄)
そこまでして欲しくはないけどね。

こういう事も出来るという事で、参考までに。

それではこの辺で。

seayou( ̄∀ ̄)ノシ

市場最大最強のマグナムリボルバー!

皆さんおはようございます(*≧ω≦*)

今回は迷いに迷いましたが、ついにコレを手に入れました!
こちら
TKW-REV-M500-HW-BK_6_mark.png
以前から欲しかったS&W M500のガスガンです!
ブラックヘビーウェイトバージョンです。
ホントはステンレスシルバーバージョンが欲しかったのですが
どこも売り切れでしたので、それで迷っていたわけなんですよね。
こんな形のリボルバーしてます。
TKW-REV-M500-HW-BK_4_mark.png
タナカワークス独特の「ペガサスシステム」という
ユニークな構造をしたリボルバーなのです!
本来はグリップからガスを注入しますが、ペガサスはリボルバーから
直接ガスを入れます。
そのため、カートリッジの概念を無くしてしまっているのが残念><;
でも、最高装弾数が12発と多いのも特徴です。

M500を買うときに「トーラスレイジング・ブル」とどっちを買おうか
迷って仕方がありませんでした。
なぜならレイジング・ブルはステンレスシルバーとブラックの2種類が再販されていたためです。
しかし、シューティングプレイでの利点を考えると、M500の方が遥かに優秀でしたので
M500にしたわけです。
以下にM500とレイジング・ブルの長所・短所をまとめてみました。

まずはM500ブラックHWバージョン
長所
●装弾数が多く速射ミスのリカバリーが効き易い。
●重たいので、ダブルハンドホールドだと、手ブレ防止に繋がる。
●ガスの燃費が良いので、満タンまで入れるとかなり長持ちする。
短所
●リロードに非常に時間が掛かる。サバゲーで弾切れを起こすと悲惨な事になる可能性大!
●カートリッジが無いので、リボルバー特有のアクションが出来ない。
●重すぎるため片手打ちには不向き。
●8インチの場合、銃本体がかなりデカイのでサバゲーでの携帯にはひと工夫必要。
●カートリッジの概念が無いため、当然であるがリボルバー用のスピードローダーが使えない。

お次はレイジング・ブルです(シルバーバージョンのノーマルボディ版での比較です)。
長所
●カートリッジの概念があるので、本物さながらに装填・排莢が楽しめる!
●BB弾の大きさが8mmと大きいので、M500よりも至近距離の威力が高い。
●リボルバー用のスピードローダーが使えるので、慣れると瞬時にリロードが可能。
短所
●装弾数が6発と非常に少ないため、シューティングゲームでは致命的。
●8インチだとM500同様デカイのでサバゲーでの携帯が悩み。
●8mm弾のおかげで長距離射撃には全く向かない。

と、こんな感じでしょうか?
これらを比較してM500に決めたわけなのですよ>ω<
僕は基本的にシューティングしかやらないので装弾数・射程距離はどうしても
外せない項目なのでレイジング・ブルでは不利。
と考えたわけです。

それではこの辺で。
ばいっちゃ(*≧ω≦*)ノシ

モデルガンについて

こんにちは(」・ω・)

今日は僕の知り合いから「モデルガンについて教えて」との事でしたので
僕の知っている範囲でご説明したいと思います。

まず、モデルガンは基本的にBB弾を発射する事は出来ません。
銃口にプラスチック板の加工が施されており、発射できない構造になってます。
リボルバーの場合はシリンダーにも鉄板によって射出口が少し塞がれています。

また、モデルガンは基本「未完成」状態で販売されているそうです。
そのため、箱出しすぐには本領を発揮出来ないものが多々あるとのこと。
M92などのブローバックモデルの場合は箱出し直後は発火性能が悪く
頻繁に弾詰まりを起こすのだそうです。

ではどうすれば良いのかというと、箱から出したら銃を分解して
メンテナンスをしてやれば良いとの事。
このプラモのような作業もモデルガンの良いところなんだそうですよ。
(メンドくせぇけどね(ーー;))

僕のM500の場合はそうでもないようで、今まで発火させていませんでしたし
分解もしていないにも関わらず、パァンパァンと気分爽快に叫んでくれました(*≧∀≦*)

またエアソフトガンとモデルガンの最大の違いは
モデルガンの方が本物に限りなく近いといったところですね!
ガスM500はカートリッジの概念がなく、シリンダー前方から弾を込めるのに対し、
モデルガンのM500は本物さながらにカートリッジを装填・排莢が可能です。
ブローバックモデルであれば、本物と同じように排莢されるので、快感ですよ♪
エアガンはブローバックアクションはあっても、排莢はされませんからね。
と、こんな感じでしょうか。
あ、あと忘れてはいけない事がひとつ。モデルガンには「発火モデル」とそうでないものの
2種類あるので、購入の際はご注意を!

それと知り合いは「デザートイーグルのモデルガンが欲しい」との事ですが
確かに存在はします!
しかし、製造していた「ハドソン社」がモデルガン市場から撤退してしまい、
金型まで他社に売ってしまったらしく、現在では非常に入手困難となっております。
中古通販で何度か見かけましたが、どこも売り切れでした。
ヤフオクで手に入れるという方法もありますが、値段には覚悟しておいた方が宜しいかと。

さて今回のおまけはこちら
img251324321332.png
自分流ポケモンのメロエッタです。
まぁ、おまけですので多くは語りませんが、ブーツを履いているのが
特徴かな?

それではこの辺で。
さようなら(ヾ(´・ω・`)

下書き

皆さんこんにちは(」・ω・)

なんだか3月に入ったのに、春の訪れが
遅いです。オセェヨ( ゚д゚)、ペッ

さて、下書きではありますが、このキャラのご紹介です。
img277.png
エロネコの「ローズ」です。
勿論、僕のオリジナルです。
元女王で現在は凄腕女捜査官として頑張っております。
犯人の隠れ家を見つけ、潜入捜査をするところまでは
いいのですが、何かしらのミスをしでかしては
捕まってしまう、正直本当に「凄腕」なのかと疑ってしまいますね(ーー;)
まだまだ完成して日が浅いので詳しい設定などはまだ完成しておりません。

それでは今回はここまで。
サイナラ(ヾ(´・ω・`)

あの頃が懐かしい・・・

皆さんこんばんは\(⌒日⌒)/

今日はすんごく懐かしいアニメを紹介したいと
思います>ω<

まずはこれ
2013y03m04d_175940390.jpg
「愛と勇気のピッグガール・飛んでブーリン」です(なげぇタイトル・・・)。
教育テレビで連載してましたね^^

当時もたまにしか見ていなかったので
ストーリーは全く覚えていません(ーー;)
そこで、よくよく調べてみると
「主人公は自分がブーリンである事を他人に知られると、永久に変身が解けない」
そうです。
でも、昔は好きでも嫌いでもなかったブーリンですが
今は好きですね!

お次はこれ
2013y03m04d_180144406.jpg
僕が当時お気に入りだったアニメ
「ムカムカパラダイス」です(*≧ω≦*)
主人公のムカムカが大好きで、夢にもよく出てきましたよ(*≧∀≦*)
ストーリーはムカムカとムカムカを拾った少女とのドタバタコメディで
目を輝かせて見てたっけ・・・。
いやぁ、懐かしいですなぁ( ̄∀ ̄)

それでは今回はこの辺で。

ではでは(*≧∀≦*)ノシ
プロフィール

青空太陽

Author:青空太陽
空色カザミドリへようこそ♪
暇つぶし的に自分のイラストや趣味の事を綴っていこうというブログです。画像の無断転載・二次配布はご遠慮下さいな。リンクフリーですのでご自由にどうぞ♪

カウンター
最新記事
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログバナー

バナーです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。